DASS-087 親友を家に呼んで、もうすぐ生まれる妻にマッサージをしてもらう

 1 2  読み込み中  読み込み中  コメント




あみりは大学時代からタケルと同棲しており、将来は結婚する予定でもある。結局、二人が正式に夫婦となるまで、あと1か月近くしか残されていなかった。タケルはお金がなかったため結婚式を挙げることができず、親戚や友人を招いてパーティーを開くことしかできませんでした。アミリは結婚式に向けてより良い体を作るために体重を減らしたいと考え、定期的にジョギングをすることにしました。しかし、ランニング中に誤って足を負傷してしまいました。それを見たタケルは、結婚式までに彼女をマッサージして回復させてほしいと親友のイトに頼みました。仲の良い友達だが、伊藤は丈瑠をよくいじめていた。タケルは優しくて思いやりのある人なので、そんなことは気にしません。初めてアミリに会ったとき、伊藤は彼女の美しさに惹かれた。彼は彼女をマッサージし始め、アミリの非常に敏感な場所に触れることを忘れませんでした。タケルは勃起不全を患っており、アミリは長い間セックスの快感を味わっていなかった。伊藤の熟練した手が伝わるたびに、あみりの体は快感に震えた。伊藤は「マッサージ」を口実に、あみりの胸を直接揉んだり、マンコを触ったりし続けた。しかし、その喜びのせいで、アミリはすべてを無視しました。彼女はこの喜びをもっと味わいたかった。 「魚が餌を食った」と見て、伊藤はすぐにアミリの体を手に入れた。毎回のマッサージセッション中、伊藤は親友のもうすぐ妻になる素晴らしいマンコと性交することができ、アミリのマンコに直接気持ちよく射精することができた。伊藤は、アミリとタケルの結婚式当日に、アミリの子宮を自分の精子で満たした。

DASS-087 親友を家に呼んで、もうすぐ生まれる妻にマッサージをしてもらう

おすすめ?

 今週のトレンド検索

 今週のトレンド俳優

 その他のカテゴリー

 リンク